常識に捕らわれない挙式方法|石の教会の魅力

ブーケ

結婚式への招待

招待状

書き方のマナーを守る

結婚式を行うときに大切になるのが招待状の書き方で、出席してもらいたい人に失礼にならないように、ルールを守って出します。結婚の準備はすぐにはできないため、結婚式の三ヶ月前には招待状を出す人をリストアップします。そして二ヶ月前には出席してもらいたい人に招待状の郵送をし、結婚式の一ヶ月前には出席者を確定しておくことが大切です。招待状の書き方としては宛名はボールペンは使わずに、毛筆で書くことが相手に気持ちを伝える方法として適しています。パソコンで印刷をする事もできますが、新郎新婦の気持ちを伝えるには手書きが好ましいです。また招待状を贈るための切手は、普通の切手ではなく慶事用の切手を使います。招待状を送る相手の住所は宛名よりも少し小さく書くのがポイントで、住所が一行で書ききれない場合には、一行目よりも少し下げて書きます。また相手の敬称は一般的には様でよいですが、お世話になっている人には先生でも良いです。家族揃って出席してもらいたい場合には、敬称はご家族様と書くのがポイントです。招待状を入れる封筒をとじる時は、のりは使わずに結婚式用のシールを利用しましょう。また招待状は区切る意味を持つ句読点は使わずに、句読点を入れたい場所にはスペースを空けます。また縁起の悪い漢字や忌み言葉は招待状ではタブーなので、使わないように気をつけます。式場や場所で読み方が難しい場合には、誰でもわかるように読みがなを付けておくことが必要です。