常識に捕らわれない挙式方法|石の教会の魅力

ブーケ

花婿のための衣装として

フォーマル

日本のブライダル事情で

結婚式に花婿が着用する衣装といえば、西洋風ならばタキシードが定番となっています。もっともタキシードは基本的に西洋では夜に着用する礼服なため、カラーもブラックもしくはネイビーであり、衿にシルクが使用されていて短めの丈という特徴があります。けれども日本ではこの定義だけに当てはまらず、ホワイトやシルバーなどの明るいカラーもありますし、丈の長さも短いものだけでなくロングなどもあり、実にさまざまなバリエーションのタキシードが存在しています。これは日本のブライダル事情によって、新婦だけでなく新郎も主役なために目立つ衣装を着用するといった考えから生まれた解釈であり、そのために結婚式で新郎はタキシードを着用することが定番となったのも、日本のブライダル業界の独自性によって生まれた事柄になります。もっともそういった歴史があったとしても、確かに結婚式では男性も主役なのだから、女性だけでなくそれなりの服装を着用する必要があります。とくにパートナーの女性と合わせた衣装だと見栄えも良いため、そういった意味でもバリエーションが豊富なタキシードは選びやすいというメリットもあります。ちなみにレンタルの衣装となれば、男性用はやはりタキシードが主流になっており、それゆえにいろいろなデザインのものを選ぶことが出来るため、花嫁の衣装に合わせるとともに、自分の好みのものを選ぶこともできます。そしてレンタルでなく購入またはオーダーメードなどの場合は、結婚式の後に普通のスーツにリメイクできるものなどもあり、こうすることで思い出の記念としてだけでなく活用することも可能なために、注目度も高まっています。